このウェブサイトのすべての機能をご利用いただくためには、ブラウザの設定によりJavaScript機能を有効にする必要があります。
お使いのブラウザでJavaScriptを有効にする方法 " をご確認いただき、JavaScriptを有効に設定してからご覧ください。

  • 096-326-5655 受付時間 10:00~17:30(定休日:水曜日)

merit

狭小住宅のメリット・デメリットをご紹介いたします。

狭小住宅のメリット・デメリットについて

狭小地に住宅を建てる場合には、狭小地特有のメリットとデメリットがあります。
大事なことは立地(どこに住みたいか)や間取り、必要な家の大きさ、家族のライフスタイルなどを総合的に検討したうえで判断されると、狭小地でも理想の住まい造りが実現できると思います。

狭小住宅のメリット

1.土地の購入代金を安く抑えられる

1.土地の購入代金を安く抑えられる

狭小住宅では狭小地に建てることが多いと思いますが、土地の面積が少ない分、土地代が安く済みます。
特に狭小地は地形が細長かったり三角だったりする場合が多いので、一般的な土地相場よりも安く買える場合が多いです。

2.都市部中心部や好立地の場所に住むことができる

2.都市部中心部や好立地の場所に住むことができる

都市部中心や人気のエリアでは土地の相場が高いですが、狭小地であれば面積が少ない分、土地の値段が安いので、家づくりの総予算を抑えることができ、希望のエリアに低予算で家を建てることができます。

3.税金を安く抑えられる

3.税金を安く抑えられる

土地の評価額が安いので、土地に係る不動産取得税や固定資産税、所有権移転登記をする際の登録免許税等も一般的な土地よりも安くなります。

4.外構工事費用を抑えることができる

4.外構工事費用を抑えることができる

狭小住宅では土地が狭いので、その分、ブロックやフェンス、アプローチなどの外構工事費用も安く抑えることができるので、総予算を抑えることができます。

5.メンテナンス費用も安くて済む

5.メンテナンス費用も安くて済む

狭小住宅では家の面積が小さいので、外壁や屋根、バルコニーなどのメンテナンス費用も安く抑えられます。そのため、家を建てた後でも経済的にゆとりある生活を維持できます。

狭小住宅のデメリット

1.建築費用が高くなることがある

1.建築費用が高くなることがある

狭小地では建築中の工事車両の駐車スペースが少ないために駐車場を借りたり、狭小地での施工ということで作業効率の低下もあり、職人の手間代が割高になったりして建築費用が少し割り増しになることが多い。ただし、土地代のコストに比べれば僅かです。

2.階段を使った移動が増える

2.階段を使った移動が増える

狭小住宅では土地が狭い分、上下の空間を最大限に活用する場合が多いので、3階建てになったり、ロフトを設けたりと階段を利用する場合が多いので体への負担は大きくなりやすいです。

3.隣の住宅が密接している

3.隣の住宅が密接している

狭小地の住宅では隣の家との距離が近いために、音や視線が気になることがあります。この点は窓の配置や防音対策を工夫する必要があります。

まずは見学会から「みるだけ見学会」ご予約はこちらへ!

不動産のプロ、建築のプロ、お金のプロが
お客様と二人三脚で進めていきます!

お電話でのご予約・お問い合わせ

096-326-5655

営業時間10:00~17:30定休日水曜日

WEBでのご予約・お問い合わせ

しつこい営業や勧誘は致しません。安心して、ごゆっくりとご見学下さい。

toggle navigation